2008年04月13日

言葉




言葉は使う人によって1つの物事を実に様々な方向、角度から表現することができる。
例えば同じ1つの物事を長く、そして反対に短くも表現することができる。

しかし、得てして長い言葉より短い言葉の方が、短いが故に印象が強く残る場合が多い。

一概には言えないけれど、短い方が、そこに読み手個人の創造や考えが入りやすいからかもしれない。

ともあれ、言葉は面白い。


1時間もあれば読み終わってしまうような本だけれど、内容は凄く濃かった。



posted by iida tadashi at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。