2011年11月07日

論語

「孫氏の兵法」に続き、「論語」をざっとではありますが読みました。

シンプルですが、シンプル故に訴えかけるものがたくさんある。

それにしても、いまから随分と昔の人も
「人としてどうあるべきか?」
という事に対し、教えを乞い、求め、これだけ思いを巡らせていたという事実が驚きでした。

それとたいぶ堅苦しい内容を想像していたのですが、意外と孔子もユーモアというかなんというか人間味あふれる印象を受けたのは私だけでしょうか??

111107.jpg







posted by iida tadashi at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。