2011年03月29日

1週間ぶり

約1週間ぶりの朝スイム指導。
体験で大学生が来てくれました。

小さい頃に少し水泳やっていたみたいで、それだけでアドバンテージあるのですが、話を聞いてみると、どうも体力を活かしきれていないようでした。

大学生と言えど、これくらいの時期は「グングン」という表現が相応しいくらい、急激にタイムが伸びる事が多々あるので、目標が定まっていれば、後は本人の意志と、「どう練習していくか」ですね。

同じような時期に、私も水泳の指導を初めて受け始めたので、なんだか妙に懐かしかったです。

個人的には最初に指導を受けた先生が、ガンガンとインターバルをやるというより、その前にドリルを重点的にやって基礎を固めてというスタンスの指導だったので、私自身の中で自分の身体の使い方、感覚という方向に早い段階から意識が行っていました。

これで、ただきつい練習を繰り返してしまって焼ききれるなんて事がなく、ある程度年齢がいってからの練習方法、プロセスとしては良かったのだと感謝しています。

先生元気かな。





posted by iida tadashi at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。