2010年02月12日

目が点のち、ちょいと後悔

本日は昼前からMTGやらでお出かけ。
渋谷駅ビル内は、来るバレンタインデーに向け、チョコレート販売とその女性客でごった返していた。


ああ、そんな時期なんですな〜なんて思いながら
渋谷駅前を歩いていたら、前にいた女子高生風の子に

「すみません、このチョコレート貰ってください!!!」

と突然声をかけられて、チョコレートらしきものを差し出された。

(これ冗談抜きに・・・ホントです。)

あまりに突然の出来事に目が点になったけど、ティッシュ配りと同じようなテンションだったし、よくわからんので、サラッと断った。
と、女子高生風の子は斜め後方にいた、平松だいひょーにすかさずターゲットを変更してチョコレートらしきものを差し出していた。

二人で急いでいたので、結局あれはなんだったのか、本当にチョコレートなのか、そうでないのか、何もわからずじまい。

でも、もし本当にチョコレートを見ず知らずの人に配っていたとしたら、なんでそんな事しているのか聞いてみればよかった・・・
とちょいと後悔した。

今はああいうのもありえるんですかねえ・・・。



posted by iida tadashi at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by Yanoo!Japan at 2010年02月12日 23:55
間違いない。
し、しまったな〜。
Posted by iida at 2010年02月13日 19:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。