2009年12月14日

道具

平松代表のブログでは紹介されていますが、同じく少し前からSUUNTOの心拍計を使わせていただいております。


私と心拍計との付き合いは結構長く、大学時代から。

ちょうど○フェトン理論なるものが流行始めた頃で、心拍計が世の中に浸透し始める時期だったと思います。
大学生で使用している人は本当に少なかったのですが、少ない小遣いはたいて購入したという、ちょっとおませな大学生だったのです。

ま、強くなる為ならなば、できる限りの事はしたかった!ということで。

その頃の心拍計といえば、ただ心拍を表示するだけのものだったり、今と比べるとうんとシンプルだったのですが、あれから10数年。

心拍計は当時とは比べ物にならないほど浸透し、そして素晴らしい機能を兼ね備えるようになったなあ。

と今回SUUNTOを使い始めて痛感しました。

私の使用しているモデルは「T6c」というSUUNTOのトレーニングモデルの中でも最上級モデルですが、もうなんというか機能満載、色々できて面白すぎますね。

例えば、RUNPODという別売りのキッドをシューズにとりつければ、速度、距離がリアルタイムで表示され、1キロごとのラップデータも自動的に計測してくれるわけで、かなり便利です。


091214.JPG

まずは使いこなして練習の精度あげたいと思います。



posted by iida tadashi at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。