2009年11月19日

グッドセレクト

あまり自覚はないのですが、頑丈と言われている身体ですが、職業柄怖いし、仮にかかったとしてもあまりシフトに穴をあけられないので予防接種うけてきました。

あ、新型の方ではなくて、季節性の方です。

ちょくちょくお世話になっている病院ですが、待合室に行くと見慣れない古びた厚めの本がズラリ。


よーく見ると・・・・


おおっ!

手塚治虫「火の鳥」

下手な小説読むより、ウンと価値のある漫画だと思います。

初めて読んだのは確か中学くらいかと思うのですが、当時はよくわからない部分もあったのですが、子供心ながら、他の漫画とは何かが違う、只ならぬ雰囲気、奥深さを感じたのはよく覚えています。

こんなストーリーを本当に漫画で一人で考え出せるのかと。




個人的には「鳳凰編」がお勧めです。



posted by iida tadashi at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。