2009年01月26日

古本

手にした中古本のところどころに、元の持ち主が引いたと思われる線が引いてあったのだが、「えっ??なんでここ?」と思う部分にも引いてあり、やはり人によって感じる部分は違っていて、それがまた面白い。


遅れながらようやく手に取りました。
評判通り、得られるものは大きいと思います。


以下、読み終わった本


私が沢木耕太郎好きだという事を知っている方から譲り受けました。
深夜特急ファンとしては面白かった!
しかし深夜特急を読んでないと面白さは半減するかもしれません。



強さには必ず強い理由の何かがある。
著者の言う

ワタナベ流「テキトー」指導法。

いやいや、とんでもございません。
立派な指導方法だと思います。

選手の自主性

がキーワードになるかと思いますが、しかしそれを促す事は難しい。




諦めないこと。
常識にとらわれない事。
物事を表面的な部分だけで捉えない。

そんな事を強く考えさせられました。







posted by iida tadashi at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。